ARCTURUS(アークタウラス)電動ガン SR16シリーズ

ARCTURUS(アークタウラス)電動ガン SR16シリーズ
ARCTURUS(アークタウラス)電動ガン SR16シリーズ
 

ARCTURUS(アークタウラス)電動ガンレビュー
ARCTURUS SR16シリーズ

2018年に香港で誕生した新しいエアガンメーカー、ARCTURUS(アークタウラス)の電動ガン「SR16シリーズ」をご紹介。

ARCTURUS SR16シリーズはその名の通り、KAC(ナイツアーマメント)のSR16をベースモデルとしている。URX4 M-LOKタイプのハンドガードを持つ、SR16 E3 MOD2のレプリカ電動ガンだ。ベースモデルがありつつも、何かしらオリジナル要素を含む場合が多いARCTURUS電動ガンにおいて、珍しく実銃を忠実に再現したシリーズである。
20インチバレルのライフルと10.5インチバレルのCQBの2モデルが存在する。

各操作系がアンビとなったE3タイプレシーバーを持ち、グリップやストックもマグプルタイプでまとめられた現代的なAR15だ。軍用を想定されたSR16をベースとするため、形状はミリタリー装備にも合わせやすいタクティカルな装いとなっている。

AR15シリーズと同じく、メタルレシーバーとしつつも2kg台の重量となっており、初心者や女性ユーザーでも扱いやすい。メカボックスなどの駆動系パーツも拘った作りとなっている割りに価格はリーズナブルに抑えられているので、初めて電動ガンを購入する方やカスタムベースとしたい方にもオススメだ。


▲ARCTURUS SR16 ライフル(20インチ)


▲ARCTURUS SR16 CQB(10.5インチ)
 

ARCTURUS E3 ARシリーズのスペックや構成パーツの特徴

SR16 ライフル
・全長:940/1030mm
・重量:2740g

SR16 CQB
・全長:715/800mm
・重量:2460g
 

レシーバー

メタル製で非常に高剛性なE3タイプレシーバー。マグキャッチやボルトリリースがアンビとなっているほか、ストックチューブ基部にQDスリングスイベルマウントを持つ。光沢も少なくマットブラックで仕上げられたコーティングは質感も良く、完成度の高いレシーバーと言える。
刻印はシンプルで、ARCTURUSのロゴやシリアルナンバーの他「SAFE」「SEMI」「AUTO」がセレクター部に表記されているのみでスマートな印象だ。


 

ハンドガード

KAC URX4 M-LOKタイプのハンドガードとなり、トップに20mmレール、他7面にM-LOKを備えていてオプションパーツの選択肢も広いデザイン。レシーバー側の基部にはQDスリングスイベルマウントが3面に施され、2ポイントスリングにもオプションパーツなしで対応できる。
アウターバレルにはロープロファイルガスブロックが装着され、ガスチューブも再現されている。


 

グリップ

マグプルMIADタイプのグリップが標準装備で、フロントストラップ、バックストラップが1つずつ付属する。ストラップを交換することでフィンガーチャンネルを追加したり太さを変更できる。残念ながらマグプルのロゴマーク形状の滑り止め加工はないがパーツとしての質感は高く、外観の良さ、構えたときの安定感などはしっかりとしている。


 

ストック

マグプルMOEタイプのストックが標準装備となる。刻印等はないものの、レプリカストックとしては非常に完成度が高い。電動ガンカスタムでは定番かつ無類の人気を誇るストックが最初から備わっているのはアドバンテージが高い。

メカボックスは後方配線となっているため、バッテリーはストックチューブ内に収納する。


 

付属品

マガジンはエアガンとしては珍しく、スタンダードマガジンと多弾マガジンの2本が付属する。
デザインはSTANAGタイプで、スタンダードはリアルカウント30発と120発フルチャージの切り替えが可能。多弾マガジンはゼンマイ式の300発装弾となる。

アイアンサイトはKACタイプのものが付属。
その他、グリップ用のフロントストラップとバックストラップが1つずつ付属する。


 
ARCTURUS SR16シリーズ電動ガン一覧はこちら