ARCTURUS(アークタウラス)電動ガン CentaurA ショーティーカスタム

ARCTURUS(アークタウラス)電動ガン CentaurA ショーティーカスタム
ARCTURUS(アークタウラス)電動ガン CentaurA ショーティーカスタム
 

ARCTURUS(アークタウラス)電動ガンレビュー
ARCTURUS CentaurA ショーティーカスタム

2018年に香港で誕生した新しいエアガンメーカー、ARCTURUS(アークタウラス)の電動ガン「CentaurA ショーティーカスタム」をご紹介。

ARCTURUS CentaurA ショーティーカスタムはAR系の電動ガンであるが、アッパーレシーバーとハンドガードが一体構造となったKAC PDWを思わせるようなデザイン。通常のAR15よりもレール位置が高めで独特の外観を持っている。

ロアーグループはAR15標準となっているが、アッパーグループはハンドガードと連動して角ばった形状をしており、ユニークな電動ガンだ。アッパーに数か所並んだビス止めも良いアクセントとなっている。

オリジナル電動ガンながらも実銃で存在していもおかしくないようなリアル感があり、法執行機関系の装備にもよく合いそうなデザイン。タクティカルで硬派なイメージの電動ガンを探しているサバゲーマーにオススメしたい。

 

ARCTURUS CentaurA ショーティーカスタムのスペックや構成パーツの特徴

・全長:700/790mm
・重量:2650g
 

レシーバー

他のARCTURUS電動ガンと同じくメタル製レシーバーとなっており、特にCenturAはハンドガードとアッパーレシーバーが一体型となっているためより高剛性さに長けている。チャージングハンドルがバレル上にあり、ハンドガード一体型のアッパーを持つSCARのような特徴も持っている。
ロアレシーバーは通常のAR15に準拠しているが、特徴的なアッパーレシーバーによってこの電動ガンを一気に個性的なものとしている。


 

ハンドガード

アッパーレシーバーと一続きになったハンドガードはトップレールがアッパーから連続的に刻まれており、他3面はM-LOKを備える。トップレールの位置が高めに設定されており、バレルより上に空いた空間にはSCARやMASADA(ブッシュマスターACR)のように太めのガスチューブとガスコントロールノブが納まる。
アウターバレルへのアクセスは、ビスによって固定されたハンドガード下部を取り外すことによって可能になっている。
アウターバレル長は10.5インチのCQBサイズとなる。


 

グリップ

マグプルMIADタイプのグリップが標準装備で、フロントストラップ、バックストラップが1つずつ付属する。ストラップを交換することでフィンガーチャンネルを追加したり太さを変更できる。残念ながらマグプルのロゴマーク形状の滑り止め加工はないがパーツとしての質感は高く、外観の良さ、構えたときの安定感などはしっかりとしている。


 

ストック

マグプルMOEタイプのストックを標準で装着。刻印等はないものの、レプリカストックとしては非常に完成度が高いパーツだ。
電動ガンカスタムとしては無類の人気を誇るマグプルタイプストックが最初から装着されているため、アドバンテージの大きいポイントと言える。
バッテリーは後方配線となっており、ストックチューブ内に収める形となる。


 

付属品

マガジンはエアガンとしては珍しく、スタンダードマガジンと多弾マガジンの2本が付属する。
デザインはSTANAGタイプで、スタンダードはリアルカウント30発と120発フルチャージの切り替えが可能。多弾マガジンはゼンマイ式の300発装弾となる。

アイアンサイトはマグプルMBUSタイプのものが付属するが、折り畳み時も使用できるオリジナル形状になっていて、よく考えられたデザインだ。

その他、グリップ用のフロントストラップとバックストラップが1つずつ付属する。

ARCTURUS CentaurA ショーティーカスタム 電動ガン商品ページはこちら