映画 ジョンウィック 4 公式トレーラー公開! TTI は JW4 PIT VIPER を発表!

映画 ジョンウィック 4 公式トレーラー公開! TTI は JW4 PIT VIPER を発表!
映画 ジョンウィック 4 公式トレーラー公開! TTI は JW4 PIT VIPER を発表!
 

【実銃ネタ】Taran Tactical Inovations が ジョンウィック 4 トレーラー公開に合わせ映画仕様の JW4 PIT VIPER を発表!

先日、映画 ジョンウィック 4の公式トレーラーが公開されました。ジョンウィック チャプター2、 ジョンウィック:パラベラム に続き、今回も TTI ( Taran Tactical Inovations )のハンドガンの使用が確認できます。

さらにはトレーラーの公開に合わせ、Taran Tactical Inovations の公式サイトで、主人公が使用するハンドガンを再現した JW 4 PIT VIPER がリリースされるなど映画とタイアップした企画も立ち上がり、本編の公開が待ち遠しい内容となっています。

TTI JW

 

TTI JW4 PIT VIPER とは?

ジョンウィック 4 のために製作されたモデル JW4 PIT VIPER は、前作 ジョンウィック :パラベラムで使用された、 JW 3 COMBAT MASTER と同じく、ガバメントスタイルの1911スライド、ミッドシャーシ、交換可能なグリップの3ピース構造となる2011プラットフォームのモデルとなっています。

TTI JW4 PIT VIPER

JW4 PIT VIPER は TTI から販売されている SAND VIPER と同じ5インチブルバレルに、小型のコンペンセイターを装着しているのが特徴です。コンペンセイターはリーコンフレームにより拡張されたダストカバー(ミッドシャーシ前方)からはみ出さないようデザインされ、スライドを前から見るとコンペンセイターからフレームにかけて斜めにカットしたデザインが印象的です。

ジョンウィック

SAND VIPER は Trijicon RMR/SRO のオプティクスサイトをローマウントすることを可能としていますが、VIP VIPERではアイアンサイトのみとなっています。軽量なシアやハンマー・ディスコネクタのアッセンブリーが織りなす抜群のトリガーフィールは TTI の真骨頂と言える仕上がりになっていることでしょう。

発表の順序から、 JW4 PIT VIPER は SAND VIPER をベースに作られたハンドガンと勘違いされるかもしれませんが、実際は逆です。 ジョンウィック 4 のトレーラー公開まで発表を控える必要があったため、 SAND VIPER が先行して発表されたとのこと。

ジョンウィック

JW4 PIT VIPER のスライド・フレーム部の表面処理は、 オルガエアソフト がディストリビューターとなっているMCX ガスブロのボルトキャリアでも採用している DLCコーティング としています。DLCはDiamond Like Carbonの略で、金属表面にナノレベルの塗膜を形成することで、オイルなどの潤滑剤を用いることなく、摩擦係数の低い表面にすることができる技術です。近年、ハイエンドなガンブランドが各社採用する、最も性能の高いコーティングです。

 

ARMY ARMAMENT が SAND VIPER をリリース予定

ジョンウィック

TTI社が製造する ジョンウィック モデルは、JW2/3共に エアソフトガン として販売され非常に人気を集めているモデルです。今作の JW4 PIT VIPER についても発売を心待ちにしたいところです。そんなことを思っていたところ、耳寄りな情報が入ってきました!

この記事を執筆中に、ARMY ARMAMENT より TTI SAND VIPER のリリース情報が公開されました。 ARMY ARMAMENT といえば、低価格でありながら動作性能の良いハンドガンを各種発売しており、 オルガエアソフト でも グロック G17 / G34 の コンバットマスター などを取り扱っています。

今回発売予定の SAND VIPER は Taran Tactical Innovations = TTI 社の公式ライセンス品とされていることから、刻印などディテールの再現には期待が高まるところです。また SAND VIPER の特徴であるオプティクスサイトも付属するとの情報もあります。そして、2023年には PIT VIPER も登場するのだろうと思われます。

追加情報については、OUTLINE またはTwitterなどで随時発表させていただきますのでお待ち下さい。

 

TTI ジョンウィック 2 COMBAT MASTER ガスブロ も好評発売中

John Wick
映画 ジョンウィック チャプター2で使用される、 グロック G34 をカスタムした TTI COMBAT MASTER は、TTIのコンペティションモデルワークを行ったカスタムモデルです。TTIの卓越したトリガーカスタムにより軽量なトリガープルとフィールを実現。圧倒的な速射性を誇ります。

ハイグリップ(ハンドガンのグリッピング時に極力スライドに近い位置を握ること)を実現するフレーム処理と、グリップが滑りにくいステッピング加工などタクティカル・コンペティションのイメージにピッタリの一本です。映画 ジョンウィック モデルとしてのスペシャルアイテムも付属する特別な1本となっています。

ジョンウィック

ジョンウィック

DOUBLE BELL JW2 GLOCK34 COMBAT MASTER購入はこちら!

ORGA AIRSOFT Yahoo店でのご購入はコチラ!

 

Taran Tactical Innovations とは?

タラン・タクティカル (Taran Tactical Innovations = TTI )は、アメリカ カリフォルニア州にあるハンドガン・ライフル・ショットガンの製造・カスタムを行う実銃メーカー及びトレーナーです。創業者のTARAN BUTLER(タラン・バトラー)氏はIDPA、IPSCなどの数多くの競技射撃界において勝利を収め、ナショナルマッチにおいて最高の称号である「コンバットマスター」 の一人でもあります。またハンドガンのみならず、ライフル・ショットガン・ハンドガンの全てを使用するマルチガンマッチ(3ガンマッチ)においても11連覇の偉業を成し遂げ、史上最高の記録を保持するタイトルホルダーとなっています。

その後、ガンブランドとして Taran Tactical Innovations を設立。Taran Butler氏の経験を生かし、競技用・タクティカル用全てにおいて信頼性と精度の高い製品を製造しています。当初はユーザーからの依頼を受けグロックピストルのカスタムを中心に行っていましたが、その後コンプリートGLOCKや、1911/2011などのハイキャパモデル、AR-15ライフルや、ショットガンの製造を行うなどTTIの製品は幅広い分野で活躍しています。

またカリフォルニアという立地を生かし、ハリウッド映画に出演する数多くの俳優や監督へガントレーニングを提供など活躍は多岐に至ります。

映画 ジョンウィック チャプター2 では、 グロック G26 のTTIカスタムモデルである Combat Carry や、 グロック G34 コンバットマスター、TR-1 Ultralight ライフルや Benelli M4 Super 90 TTI M4 Upgrade Package ショットガンをキアヌ・リーブス演じる主人公 ジョンウィック が使用したことで、TTIは世界的に注目されるメーカーとなりました。

近年では、本格的なガンアクションや実銃・実弾の性能、ひいては残弾数まで細かく反映された ジョンウィック の様な映画は非常に稀で、サバゲープレイヤーやスポーツシューターからも注目が高かっただけに、 TTI の存在は エアガン 業界にとっても重要なものとなりました。

エアガン としても多くのメーカーからコンプリートモデルや、コンバージョンキットが発売されるなど、サバゲープレイヤーやガンマニアだけではなく、映画ファンも手にしたいコレクションモデルとして人気を集めています。

TTI関連製品の購入はこちら!

ORGA AIRSOFT Yahoo店はコチラ!
↑商品購入でPayPayポイントをゲットしたい方はコチラ!

ORGA AIRSOFT 楽天市場店はコチラ!

ORGAの新入荷・再入荷商品はコチラ!