HK416がM4より優れている理由とは?

HK416がM4より優れている理由とは?
HK416がM4より優れている理由とは?
 

HK416がM4よりも優れている要因はなにか?特殊部隊で運用される理由とは

現在、DELTA(デルタフォース)など特殊部隊で広く運用されているHK416。これは標準的なAR/M4プラットフォームに比べ信頼性や耐久性が高く、ジャムが少ないという点で大きなアドバンテージがあるからに他ならない。
 

 
HK416ではピストンのガス圧作動方式が、ロッド経由でボルトを押し戻しているため、従来のM4のように発射ガスが機関内部に入り込まないため汚れずらく、作動不良を起こしにくい他メンテナンスも少なくて済む。信頼性が高いと言われる理由の1つはこの機構によるものが大きい。これらについて以下の動画(英語)で解説されている。
 
動画では作動方式などの解説だけでなく、GEISSELEハンドガードを装着したHK416など複数本のHK416によるトレーニングの模様も収録されており、カスタムや装備、シューティングの参考になるので是非ご覧いただきたい。
 
[youtube https://www.youtube.com/watch?v=pbImvaiXGFU&w=854&h=480]
 
HK416では他にも、バレルの製造に冷間鍛造技術を用いて高耐久性と長寿命化をさせるなどし、実際の射撃テストでもM4やSCARを差し置いて優秀な成績を収めている。特殊部隊の中でも特に過酷なミッションをこなすDELTAやSEALsなどで制式採用されるあたり、HK416の優秀さが認められていると言えよう。
 
H&K社は元々アメリカ陸軍によりM4カービンの改修を依頼されており、またXM8を次期制式ライフルとして提案していることも併せ、HK416はM4カービンの代わりとなりつつ次期制式ライフルまでの中継ぎとして大規模導入されることを見込んで開発された。そのため、従来のアサルトライフルの使い勝手を維持しつつもM4カービンを凌ぐ性能をもつライフルとして存在感をアピールできるよう、H&Kは相当開発に力を注いだに違いない。
 

 
残念ながらH&K社の思惑通りにはいかずアメリカ軍での全体的な採用はいまだないものの、特殊部隊などでの信頼度が高いほかアメリカ以外の国での軍による制式採用や法執行機関での運用によりニュースや写真で見る機会が非常に多く、今では民間での人気も高まりつつある。
エアソフト業界では、特にDELTAやSEALsなどでの運用が話題となり、日本でも非常に高い人気を誇る銃となっている。
 
HK416は各エアガンメーカーから多数リリースされているほか、東京マルイでもDELTAカスタム BLACKが登場するなど、登場から十数年経った今でも話題に事欠かないモデルである。
 

ORGA AIRSOFTで取り扱い中のHK416商品一覧

東京マルイの次世代HK416シリーズはこちら
 
VFC電動ガンのHK416シリーズはこちら
 
VFCガスブロのHK416A5はこちら
 
WEガスブロのHK416Dはこちら
 
東京マルイMWS用HK416Dコンバージョンキットはこちら