商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

東京マルイ システマ イノカツ ラテック マグプル VFC WE FCC マッドブル GG dytac プロウィン メカニクス トイソルジャー
電動ガン・ボルトアクション、ガスブロ、トレポンにおけるカスタム全般や弊社取扱い商品についてご不明な点がありましたらお気軽にメール・電話等でお問い合わせください。
専門の担当がご回答させて頂きます。

電動ガン カスタム、ボルトアクション等について : 担当 TAKA
トレポン カスタム、製作 及びガスブロについて:担当 TERU / 横山
装備について:担当:横山
コンテンツについて:担当:小松崎

電話番号:0424-46-8095(13:00 - 17:00)日曜・祝日定休

商品コード:
ORGA-FHOP-PTW

ORGA Flat Hop for PTW(トレポン用 HOP)

販売価格(税込):
5,200
ポイント: 52 Pt
メーカー:
ORGA AIRSOFT
関連カテゴリ:
トレポン内部パーツ > ORGA FLAT HOP
数量:
カゴに入れる

トレポン カスタムパーツ HOP

ORGA Flat Hop for PTW(トレポン用 HOP)


これまで、カスタム or 国外のみ販売を行っていました、ORGA製 トレポン用 Hopシステムが国内にて販売スタートとなりました。

ORGA Flat Hop Adjusterは、トレーニングウェポン用のHop Adjusterで、PTWの課題でもあった「HOPの不安定」という問題を解決します。

純正のHOPパッキンの場合、以下の2つの問題がありました。

1) パッキン自体がローラー式で回転してしまいHOPの掛りが不安定になる。
2) ローラーパッキンが丸くRがある為に、シリンダーのノズルで押されるBB弾とローラーパッキンにクリアランスが生まれてしまう。

本Adjusterは、以下の写真の様にAdjuster自体が一体型となり、頑丈かつ完璧な切削精度で 生成しています。材質はスチール製となり、切削後 黒染め処理を行っています。

より広い面でBB弾をしっかりと保持する為、常に同じ位置、同じ量のHop回転を掛ける事が可能となり、集弾性の向上を図る事ができます。また、Flat Packingの形状上、弾の保持が純正HOPよりもチャンバー側で保持される為、ロングノズル等も必要なくなります。



トレポンってなに?

トレポン(トレーニングウェポン)とは システマ製のProfessional Training Weapon (PTW / 通称トレポン)は、元々、アメリカ軍の訓練銃として収められていた電動ガン(定かではありませんが)です。機構はSYSTEMA独自のノウハウで設計されている物で、通常の電動ガン(Ver2やVer3など)と比較すると、実射性能や剛性などは格段に良い製品です。
また、実RASやストックなども容易に用いる事ができ、ゲームではもちろん、コレクションとして保有されているPlayerさんも多いです。

トレポンの種類について

トレポン、主にM4系が人気が高く、完成品の物からチャレンジキット(組立が必要)、主要パーツのみで構成されたバリューキット(Value kit)のが存在します。
システマ完成品はSYSTEMA刻印仕様となり、チャレンジキットは無刻印となります。
グレードはMaxⅡ / SuperMaxⅡの2種が主流です。その他、MP5をベースにしたトレーニングウェポン(TW5)があります。

トレポン MaxⅡ
トレポンM4系の標準的な仕様で、ORGAでのコンプリートもこちらの物をベースに製作しております。理由は、以下のSuperMaxⅡにも記載がある通り、MaxⅡの方がトレポンパーツが入手しやすい(MaxⅡユーザーが多い為)となります。

トレポン SuperMaxⅡ
MaxⅡと殆ど仕様は同じですが、内部のギア非とシリンダーの一部の形状が異なります。内部のギアは、MaxⅡよりもトルク型となっており、サイクル自体も遅い仕様となります。日本国内では、1J規制がある為、極端に強いスプリングは必要が無い事も踏まえ、MaxⅡが一般的となります。
価格はSuperMaxⅡの方がMaxⅡより高いです。

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

エアガンパーツ プレビュー アウトラインオルガ 海外サイトオルガ ブログオルガ フェイスブック トイソルジャー 装備 AOR1 装備 AOR2 装備 ガスブロマガジン 電動ガンメカボックス解説 トレポン FCC ptw