RWA バトルアームズ BAD556 電動ガン 発売決定!

RWA バトルアームズ BAD556 電動ガン 発売決定!
RWA バトルアームズ BAD556 電動ガン 発売決定!
 

ガスブロコンプリートで人気を集めたアイツが電動ガンで帰ってきた!
RWAより「バトルアームズ BAD556 電動ガン」が登場!

2019年、ORGA AIRSOFTが日本代理店として販売したRWA(Redwolf Airsoft) BAD556 ガスブロコンプリートの登場から2年。今度は電動ガンとして BAD556 が登場することとなった。

ORGA AIRSOFTは前回のガスブロ同様、日本国内代理店として全面的にRWAをバックアップ。生産量が限られるため、入手したいプレイヤーさんは今後の最新情報を逐一チェックして頂きたい。

BAD556 電動ガン

RWAは早い段階からバトルアームズ(BATTLE ARMS DEVELOPMENT)とライセンス契約を交わしており、エアガン本体やパーツを含めたバトルアームズ正式ライセンス商品を展開。グリップやPDWストックなどガスブロ用パーツが人気を博していた。

2019年にORGA AIRSOFTで国内販売をし好評だった BAD556 ガスブロコンプリートは、そんな正式ライセンスのパーツたちを組み合わせることで完成した東京マルイMWS規格のモデルであった。

それに続く今回の BAD556 電動ガンは、バトルアームズ正式ライセンス エアガンの第2弾として登場する。

BAD556 LW 電動ガン

BAD556 SBR 電動ガン
※参考写真となり、光学機器やサプレッサー等のアクセサリーパーツは付属しません。

バリエーションは前回のガスブロ同様、14.5インチバレルのLW(Light Weight:ライトウェイト)7.5インチバレルのSBR(ショートバレルライフル)の2モデル。

ガスブロコンプリートは使用するパーツの関係からプレミアムモデルとしてハイエンドな価格設定ではあったが、今回リリースされる電動ガンはフルライセンスながら通常の電動ガン+α程度の価格となり、5万後半~6万円台での販売となる予定だ。

とはいえアウターパーツの仕上げや内部パーツの選定に抜かりはなく、廉価ながらもかなり高品質な仕上がりとなっている。フル刻印でディテールも確かなものとなるので安心いただきたい。

BAD556 電動ガン レシーバー

グリップにはモーターが収まるためガスブロの時の様にATG(アジャスタブル・タクティカル・グリップ)仕様ではないものの、付属品の充実やハンドガードの完全M-LOK化、バットパッドの追加など外装面はより現代的にグレードアップ。

内部パーツはGATE製 ASTER電子トリガー RWAエディションが内蔵され、11.1VのLipoバッテリー駆動に対応。キレの良いレスポンスを体感できるほか、発射モードを自分好みにカスタムすることが可能だ。

 
BAD556 電動ガンの外装・内部パーツについてはまた改めて詳細をお伝えする。

発売日については11月下旬を予定。早ければ10月中にも予約を開始するので、是非ご期待頂きたい。

 
ORGAの新入荷・再入荷商品はコチラ!

RWA バトルアームズ BAD556 電動ガンの最新情報についてはtwitterをフォローしてチェックしてください!

 
RWA バトルアームズ BAD556 電動ガンの特集ページ一覧はコチラ

BAD556 AEG