0
¥0

現在カート内に商品はございません。

【予約商品】UMAREX/GHK G17 Gen5 MOS ガスブローバックハンドガン CERAKOTE (OfficialLicense/JP Ver.)|サバゲー

CATEGORY 商品カテゴリー

【予約商品】UMAREX/GHK G17 Gen5 MOS ガスブローバックハンドガン CERAKOTE (OfficialLicense/JP Ver.)

¥29,800 税込
商品コード: GHK-G17G5-MOS
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

【予約商品】UMAREX/GHK G17 Gen5 MOS
ガスブローバックハンドガン CERAKOTE (OfficialLicense/JP Ver.)


発売日は6月中旬を予定しています。

※発送日はメーカーの生産状況や代理店都合、輸送や税関の対応状況により変更となる場合がございます。遅延が発生する場合、商品ページの更新や当店SNS等での告知を行いますので、ご確認をお願い致します。

※お客様からのご入金をもって予約完了となりますため「代引き」による予約はできません。お支払方法で「代引き」を選択されない様ご注意ください。「代引き」を選択された場合はこちらで「銀行振込」に切り替え振込先のご案内を致します。

※「銀行振込」をご選択の場合、1週間以内のご入金をお願い致します。事情によりすぐのお振込みが難しい場合は別途ご相談ください。

※ご注文から1週間以上ご入金やご連絡がない場合は、商品が確保できない場合がございます。


M4 / AR / SIG 553など最高のリアリティーを追求したガスライフルを生み出してきたGHK。 そんなGHKがこれまでガスブロライフルで蓄積してきたノウハウを結集し話題となったガスブロハンドガンの最新モデル、GLOCK 17 Gen.5 MOSが登場。

GLOCK社正規ライセンスを取得して製作。既存の各社GLOCKガスブローバックガンのシステムを刷新した、実銃さながらのハンマーレス機構を取り入れることでスムースなスライド動作とエアソフトガンとは思えないリアルなトリガーフィールを実現。

ブローバックエンジンは、スライドと一体成形となるシリンダーにガスブロライフル同等のシリンダーユニットを搭載することで重量感のある強烈なブローバックを実現しています。耐久性にも優れたパーツ構成となっており、長きに渡りサイドアームとしてもメインウェポンとしてもお使い頂けます。

GHK GLOCK17 スペアマガジンはこちら

セールスポイント


・ハンドガンにライフル級のノズルを内蔵することにより強烈なリコイルが実現
・実銃並みのトリガープル(5.5ポンド=約2.5kg)を再現
・実銃採寸により各寸法を忠実に再現し、実物ホルスターやサイトを無加工で装着可能
・正規ライセンスを取得し、ディテールを余すところなくリアルに再現

特徴


・ライフル級のピストンを内蔵することにより強烈なリコイルが実現
・実銃並みのトリガープルを再現しつつも、ゲーム向けに柔らかめの設定(GHK2.3kg≒22.5N/実物26N)
・実銃採寸により各寸法を忠実に再現し、実物ホルスターやサイトを無加工で装着可能
・正規ライセンスを取得し、ディテールを余すところなくリアルに再現
・クイックチャンバー(ホールドオープン状態でエジェクションポートから1.27mm六角レンチを使用してHOP調整)
・アルミスライド/MOSカバー/亜鉛合金アウターバレルにセラコート仕上げ
・スチールアンビスライドストップ/ダミーエキストラクター(別パーツ)
・実物構造リコイルスプリングガイド/日本仕様のリコイルスプリング
・6.03mmブラックコートアルミ合金精密インナーバレル
・実銃同様のインサート成型の強化ポリマーフレーム
・GHKオリジナルハンマーレスリアルファイアコントロールユニット
・実物マガジン重量に近づけたアルミ合金製軽量ガスマガジン(GHK空マガジン137g/実物空マガジン78g)
・タニオコバ注入バルブ装備(吹き戻しのあるJP Ver.)

【製品仕様】


・全長:202mm
・重量:504g(マガジン137g含む)
・バレル長:98mm
・装弾数:20+1発
・使用BB弾:6mm
・材質:アルミ/亜鉛合金/ナイロン/ラバー
・HOP調整:可
・ブローバック:あり
・発射機構:セミオート
・パワーソース:HFC134a
・改正銃刀法規準適合(0.989J以下)
※サイトアダプタープレートは付属しません、別途お買い求めください。
※これまでのGHKグロックマガジンに互換性があります。

Glock G17Gen5 MOSとは


Glockの起源は1963年にGaston Glockがオーストリアのウィーン近郊に創設した小さな装備品町工場でした。銃器開発の実績が無い中、1980年にオーストリア軍の新制式採用トライアルに参加し、「P80」として採用されました。当時、ポリマーフレームの使用は斬新的、シンプルなデザイン、かつ安全なセーフアクションシステムはピストル市場に革命をもたらしました。1985年、アメリカ市場に民用モデルのグロック17を投入し、爆発的なセールスを記録し、現在は世界中の軍・警察を中心に幅広い層の支持を受けています。

その後も何度のモデルチェンジをして、2009年発売した第4世代を経て、2017年に次世代のスタートとして第5世代のグロックが開発されました。従来よりも射撃精度の向上、表面処理の進化をさせた以外、スライド前部の角度変更、大型なマガジンリリースボタンやマグウェル、アンビスライドストップを追加、フィンガーチャンネルをなくして様々な大きさの手に対応したグリップを採用など数多くの改良が見られました。翌年の2018年、光学機器搭載可能なMOS(Modular Optic System)モデルのG17 Gen5が発売され、グロックファミリーの中核モデルとしてさらに成長を実現しました。

【UMAREX/GHK製のG17 Gen5について】
グロック商標のライセンサーであるドイツのUMAREX社の監修により、GHK製の第5世代グロックはあらゆるところにこだわったディテールの再現が目立ちます。外寸は実物のまま、セラコートを施したアルミスライド、実銃同様のインサート成型の強化ポリマーフレーム、マーキングもUMAREXに提供されたデータに基づいて正確に再現しています。内部機構はこれまでのGHK大迫力グロックシステムを踏襲しつつも改良が加わり、外観・実射性能の両立が妥協無く追求された完成度の高い仕上がりとなっており、精巧さ、質感、動作性の3拍子を揃った最高の一本です。

カテゴリ一覧

ページトップへ

メーカー: GHK

シェアする