0
¥0

現在カート内に商品はございません。

FIRE FLY 電気なまず「辛口」|サバゲー

CATEGORY 商品カテゴリー

FIRE FLY 電気なまず「辛口」

FIRE FLY 電気なまず「辛口」 面HOP
FIRE FLY 電気なまず「辛口」 面HOP
¥1,221 税込
商品コード: FF-NAMAZU-KARA
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

FIRE FLY 電気なまず「辛口」


FIRE FLY製電動ガン用面HOPラバー。
FIRE FLY製品はユニークなネーミングが目立ちますが品質・性能は申し分ございません。
ORGAならではのステンレス並行ピン付属!
「辛口」は中~重量弾向きとなります。

本物だけを提供したい・・・ 電動ガンの集弾性は、チャンバー内での弾位置やHop形状で大幅に変化します。
純正のHopラバーの様に点でHopを掛けるのではなく平面で捕らえることにより、弾が一定のHop回転を得ることができ、且つ、インナーバレル内で左右に暴れる事なく安定した発射が可能になります。

ステンレス平行ピン


ピンをラバー本体の穴に入れて使用します。
これを利用する事で、弾が通る際に「伸縮」や「左右のねじれが軽減され、より安定した集弾性を発揮します。







幅や長さの調整


チャンバーやインナーバレルの種類に因っては開口部に合わせ本体をカットする必要がございます。
なまずをカットする場合は、模型用のクラフトナイフ(薄く切れ味の良い物)を利用すると作業が容易に行えます。

チャンバーパッキン内側の突起について


また、面HOPを利用する場合は、チャンバーパッキン内部の突起(HOPを掛ける突起)は利用しません。

※以下、パッキンを裏返しにした画像(突起の部分が弾に回転を掛けます)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


この突起を併用してしまうと、なまずの面を利用しても、BB弾に対して面で押さえる事ができなくなります。

綺麗な面でBB弾を押さえ、安定した集弾性を生むには、チャンバーパッキン内の「何も無い部分」を利用する事が最善策です。

今までは、チャンバーパッキンを裏返しにして、リューターやヤスリ等で突起を切削していましたが、以下の様な問題点がありました。

・裏返しにする事でパッキンが伸びてしまう。
・切削部分が凸凹になる/ザラザラになる

この事により、HOPは的確な面を作る事が出来ず、Playerさん自体も「これで良いのか?」という疑問を抱いていました。
ORGA Magnusバレル/MagnusHDバレル/LEX05バレル シリーズを利用する事で、上記の問題を簡単に解決できます。

Magnusバレル商品ページにもある通り、ORGA製バレルは、チャンバーパッキンを約90度回転させて装着する事ができますので、パッキンに一切加工する事なく、完璧な面HOPが誰でもご利用になれます。

詳しくは、Magnusバレルページをご覧ください。




ORGA Magnusバレル

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


HOPテンショナーの役割

BB弾に上向きの回転を掛け飛距離を向上させたり集弾性を向上させる為のパーツとなります。

HOPテンショナーの種類

・通常のHOPテンショナー
形状は円筒状をしておりBB弾の通過時は点で回転を与えます。
その為回転数が不安定な場合がございます。

・面HOPテンショナー
BB弾が通る部分が面状となっておりBB弾の通過時は線で回転を与えます。
その為回転数が安定し集弾性向上につながります。




商品に関します疑問・ご質問等はお気軽にお問合せ下さい。
組込み作業に関しましても別途費用が発生致しますがお請け致しておりますので、組込みでお困りの際もお気軽にご相談下さい。

カテゴリ一覧

ページトップへ

メーカー: FireFly

シェアする