商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

東京マルイ システマ イノカツ ラテック マグプル VFC WE FCC マッドブル GG dytac プロウィン メカニクス トイソルジャー
ORGA AIRSOFTでは、電動ガン、ガスガン、ボルトアクション、トレポンなどのカスタムやメンテナンス、コンプリート製作等を年間約1500本程受注しております。
お手持ちの銃に不具合等御座いましたお気軽にメール、又は電話等でお問い合わせください。
ORGA作業場の電話受付時間はpm13:00~pm17:00
日曜・祝日定休、土曜日は15時までの営業です。
電話番号:0424-46-8095

《担当者について》
電動ガン・ボルトアクション : TAKA
トレポン・ガスブロ : TERU / SHU
装備品関係 : SHU

チューンのご依頼について

ORGAカスタム作業では、多くの経験と実績を基にORGA Brand Partsを駆使したカスタムをはじめとしてPlayerのスタイルに合わせた内・外装カスタムや導入パーツの提案など1対1での対応を行っております。
作業経験の中から得た「分解に適している工具、ケミカルや治具」を利用し作業を行っています。その事でグリス切れの殆無や組み込み精度の向上、お預かりする銃を痛める事の無い作業が可能です。

ORGAで行っているカスタムのプランは以下の通りです。
ORGA MAGNUSチューン(マグナス)
ORGA AXISチューン(アクシス)
ORGA ハイサイクル
ORGA トレポンカスタム
ORGA ガスブロカスタム
内部、外装カスタム
メンテナンス

※共通事項
カスタム費用につきましては、お手持ちの銃の状態(利用されている内部パーツを残す・残さない等)でも変動しますので、Playerさん1人1人に個別にお見積もりを提示しております。

ORGA MAGNUSチューン
ORGAが提供するロングシューティング向けのセッティングで命中精度に定評のあるカスタムとなります。カスタムの名称通りORGAブランドのMAGNUS製品(インナーバレルやシリンダーなど)をフルに利用するチューンとなります。ギア関係は強化ギア導入しカスタムノズル、スプリング交換、ORGA HOPカスタムなどを含みます。
カスタムの際にお預かりする銃の内部パーツに劣化や破損がみられた場合、事前にご連絡の上交換のご相談をさせて頂いております。

《対応機種》従来電動ガン、次世代電動ガン、LMG、SMG、ボルトアクション

ORGA AXISチューン
MAGNUSチューンの命中精度をそのままに、スプリングレート等を下げ、ライトなセッティング内容となります。それによりトリガーフィーリングに優れたカスタムとなり、CQBなどで35m前後をキッチリ撃ちたいゲームスタイルに最適です。
また、銃の特性上 Lipo7.4vまでしか実装できないコンパクト電動ガンにもお奨めです。

《対応機種》従来電動ガン、次世代電動ガン、LMG、SMG

ORGA ハイサイクル
ハイスピードギアを用いてのハイサイクルカスタムとなります。カスタムの際に磨耗しているパーツ等は、作業前にご提案の上、交換いたします。オルガでのハイサイクルカスタムは、トラブルを抑制する為、秒間24発(マルイ製ハイサイと同等)くらいまでを推奨しています
サイクル(連射速度)は銃によって縛りがある場合があります。極端に短い銃(MP5クルツなど)の場合はインナーバレルが短い仕様となりますので、ある程度スプリングレートを持ち上げないと十分な初速を得る事ができません。スプリングレートを持ち上げるとサイクルは落ちる傾向となりますので、カスタムの際に方向性をすり合わせる必要があります。

《対応機種》従来電動ガン、LMG、SMG

ORGA トレポンカスタム
システマトレーニングウェポンのカスタムとなります。トレポンの場合は基本的にインナーバレル、HOP周りのカスタムが主となります。純正HOPの場合に起こるフルやバースト時の集弾荒れをORGA FlatHOPへ変更する事で解消し使えるトレポンへカスタム致します。
その他、内径が6.10mmと純正より口径が広いインナーバレルを用いる事で弾の伸びと集弾性能が向上します。バレル、Hop関係のカスタム以外にも、モーター修理、急弾の不具合、基盤の交換、ECUの3バースト化、また社外パーツのフィッティングなど対応いたします。
ORGAでのトレポン作業はM4/HK416系がメインとなります。
MP5をご希望の場合はドラゴンフォースへご依頼ください。

《対応機種》トレーニングウェポン(PTW)

ORGA ガスブロカスタム
ガスライフル(イノカツ、ウェスタン、WE)へのカスタムを行います。作動における不具合解消や社外パーツの組み込み、インナーバレル+HOPのカスタムなどが主となります。
ガスブロの場合は、社外専用パーツを組み込む際に「ポン付け」では上手く作動する割合が低く、場合によっては旋盤やフライスを用い加工を行い組み込みしております。また、お持込等のパーツの場合、設計上物理的に組み込む事が出来ないパーツも多く存在しますので、細かいすり合わせを行う必要があります。

《対応機種》イノカツ、WA系(G&P,KingArms含む)、WE-TECH

内部、外装カスタム
ORGA WebShopにて販売しているパーツ類や他のShopで購入のパーツをお手持ちの銃に組み込み致します。特に外装パーツ(ハンドガードやレシーバー)の場合は、ポン付けで利用できる割合が低く、加工を行ってから取り付ける場合が殆どです。内部パーツにおいても、お持込の「ピストンだけ」や「ノズルだけ」の取り付けなどにも対応しております。

メンテナンス
お使いの電動ガンの経年劣化や中古電動ガンの所持されている場合、内部のピストンやギア、軸受け、タペットプレートなどが磨耗している場合があります。これらのパーツが磨耗するとクラッシュの原因に繋がり、せっかくのサバイバルゲームが台無しになってしまいます。
トレポンに関しても「挙動がオカシイ」「何発か撃つと撃てなくなる」など、使用不能になる寸前の状態でゲームに行っても、結果その日は使えない。なんて事も多々あります。
既存でお使いの銃の状態をご連絡頂ければ、概ね起きているトラブルと対策案をご提示できますので、ご心配なPlayerさんはご連絡頂ければと思います。


電動ガン カスタムにおける共通事項
電動ガン カスタムやオーバーホールでは、経験の中から得たToolやケミカル、治具を利用し作業を行っています。その事で、グリス切れの殆無や組み込み精度の向上、お預かりする銃を痛める事の無い作業が可能です。

スプリングの選定
昨今の輸入電動ガンや中華系SHOPの販売で多く見受けられる「国内レギュレーション準拠」を満たす為、内部のメインスプリングをカットする事で初速を下げている場合などがあります。
この場合、ピストンの前後運動に余分な負荷が掛かったり、テンションが安定しなかったりと故障の原因に繋がります。 ORGAでは、ORGAオリジナルスプリングからサードパーティー製のスプリングまで、Playerさんの希望するカスタムとバッテリーなどのパワーバランスを考慮し、最適なスプリングをチョイスしております。


ピストン選定~クラッシュ防止対策
ピストンは、電動ガンをご利用頂く上で負荷の掛かるパーツの一つです。最近のLiPoバッテリー人気の事からも耐久性の低いピストンの場合、ピストンがセクターギアの回転により破損してしまったりとトラブルも多いです。 お預かりした銃のピストンが耐久性に劣ると判断させて頂いた場合、強化ピストンの導入をご提案しています。




電動ガン 内部ギア選定
ギアの選定は、カスタム、メンテナンス共に重要な要素の一つです。どんなに高価な電動ガンを買ってもギアの軸1本曲がってしまっていては、本来の性能が発揮されず、ギア音も煩くなってしまいます。ギアはPlayerさんのStyleやバッテリー環境によって変更 / ご提案しておりますので、ベストなセッティングをご選択頂けます。
作業の中では、全てのギアを交換する必要が無い場合もあります。セクターとベベルはそのまま利用し、スパーギア(真ん中のギア)のみ16:1に変更するなどのチョイス等も行います。

<参考ギア比>
・ギア比 13:1 = スーパーハイスピードのギア比
・ギア比 16:1 = 俗に言うハイスピードギア比
・ギア比 18:1 = オーソドックスに用いられるノーマルのギア比
・ギア比 32:1 = サイクルを落とす事のできるギア比
・ギア比 100:200 = 18:1と同等のギア比
・ギア比 100:300 = 32:1と同等のギア比



利用する工具への拘り
ORGAでは、作業に用いる工具にも徹底的に拘っています。工具の良し悪しは、素材を痛めず 且つ スピーディーな作業か可能となり電動ガン カスタムには必須のToolとなります。



ケミカルは選び抜かれた物を利用
世の中に数多くあるケミカルの中で、多くのカスタム作業で培った経験を基に利用するケミカルを選定しています。 ギアには高粘度+耐久性、静音性を重視し、シリンダーには粘度が低く耐久性のあるグリスを利用。 レール等の潤滑にはフッ素系の高潤滑剤を採用。



実銃用 / プロ用治具も充実
電動ガン内部カスタム以外にも、アウターバレルのガタツキの修正や各所への電材処理、RASの取り付け、すり合わせ等、数多くの作業が発生します。これらの治具を用いる事で、固体を痛める事なく、確実な組バラしが可能になります。



精密加工
電動ガン カスタムは、パーツを組めば終わりではありません。固体によっては、削り、穴あけ、切断、切削などの作業が多く伴います。 特に中華系の電動ガンの場合はこれらの作業の頻度が多く、安定 且つハイパワーの精密機械が無いと精度がでないカスタムもあります。
フライスや旋盤を用い精度の高いカスタムを提供しています。


合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

エアガンパーツ プレビュー アウトラインオルガ 海外サイトオルガ ブログオルガ フェイスブック トイソルジャー 装備 AOR1 装備 AOR2 装備 ガスブロマガジン 電動ガンメカボックス解説 トレポン FCC ptw